Azure App ServiceのService Management APIのサポートを廃止

2018年3月19日 [Deprecating Service Management API support for Azure App Service]粗訳

Azure Service Management サポートは2018年6月30日に廃止されます。その後、Azure App Service resource management はAzure Resource Managerを介してのみサポートされます。

Service Management APIは、現代のクラウドにはあまり適していません。Service Management APIをサポートすることで、良い開発者エクスペリエンスの提供と、大規模スケールのコントロールができなくなります。

現在Service Management APIを使用しているお客様は、Resource Managerに移行するとより効果的です。Resource Managerには、堅牢なデプロイメントモデル、ロールベースのアクセス、機能に対するAPIサポートなど、サービス管理よりも多くの利点があります。サービス管理とリソースマネージャの違いの詳細については、TechNet blog(英語)を参照してください。

Service Management APIの廃止予定の詳細については、App Service blog announcement(英語)を参照してください。

広告

Azure App ServiceのService Management APIのサポートを廃止” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。