Power BI Embedded モバイル レイアウトのサポート

2018年3月15日 [Power BI Embedded mobile layout support]粗訳

モバイルデバイスにレポートやダッシュボードを埋め込むことができるようになりました。 Power BI Embeddedは、モバイルデバイスでの消費に最適化されたレイアウトをサポートするようになりました。

レポートの場合は、Power BI Desktopを使用して作成したレポートページをPhone layout(英語)で開くことができます。レポートページにPhone layout(英語)が定義され、埋め込まれているかどうかを確認する 新しい JavaScript API(英語)を追加しました。こちらはデバイスが縦向きの場合に最適なレイアウトです。デバイスが横向きの場合、最適なレイアウトは元のレポートレイアウトです。 JavaScript APIを使用すると、Phone layout(英語)に従ってユーザーのセッション中にビューを切り替えることができ、あらゆる状態で最適なエクスペリエンスを提供します。

モバイルレイアウトが定義されていないレポートを埋め込むときは、Custom Layout API(英語)を使用して携帯電話で見た目をよくすることができます。このAPIを使用すると、ページのサイズ、および各ビジュアルのサイズとキャンバス上のその位置を動的に設定できます。 Power BI Desktopに戻らずに、各デバイスに最適なレイアウトを与えることができます。

ダッシュボードの場合は、1列レイアウトを使用してモバイルデバイス上で開くことができます。このレイアウトでは、すべてのタイルが1つの列に上下に1つずつ設定されます。レポートのように、このビューはポートレートの向きに最適です。セッション中も元のレイアウトに戻ることができます。ダッシュボードのレイアウトを単一の列に設定する方法については、Learn more(英語)を参照してください。このリリースでは、ダッシュボードの定義済みPhone View はサポートされていません。

Power BI Embedded モバイル レイアウトのサポート” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。