Azure Monitorメトリックの統合

2018年3月13日 [Azure Monitor metrics integration]粗訳

Power BI EmbeddedのAzure リソースの使用を最適化するには、使用状況を追跡し、変更に応じて適切な監視が必要です。 Azure Monitor resource metrics(英語)との統合が完了しました。

Azure Monitorリソースメトリックを使用すると、Azureポータル内の使いやすいUIで、リソースのステータスと負荷に関するリアルタイムのデータを得ることができます。また、PowerShell commands(英語)とREST APIs(英語)を使用してリソースを自動的に監視します。異なる測定値と異なる期間でデータを表示できます。

リソースの負荷を追跡するための2つの新しいメトリックが追加されました。

 

  • クエリの継続時間
    各クエリの完了までの時間に関する情報を提供します。たとえば、平均継続時間のスパイクは、現在のSKUにクエリを処理するのに十分なクエリ処理単位(Vコア)がないことを示すインジケータとなり、容量を拡大することを検討する必要があります。もちろん、スケールアップまたはスケールダウンするしきい値は、開発者の決定、データ、実行されているクエリの種類によって異なります。平均クエリ時間は、データセットとビジュアライゼーションで大きく異なる可能性があります。
  • クエリプールキューのサイズ
    処理待ちのクエリ数に関する情報を提供します。たとえば、クエリ数が急増すると、容量に同時に照会されるデータセットが多すぎることが示され、メモリ内のページネーションが発生し、処理が待たれるクエリが増える可能性があります。この場合、RAMを増やすためにスケールアップを考慮する必要があります。各容量のメモリは、こちらで表示できます。

 

Azure Monitorメトリックの統合” への1件のフィードバック

コメントは停止中です。