Power BI Embeddedカスタムレイアウト

2018年3月15日 [Power BI Embedded custom layout]粗訳

Power BI Embeddedのカスタムレイアウトを使用すると、レポートページレイアウトのサイズを設定および変更したり、レポートビジュアルのサイズ、位置、および可視性を制御できます。

 

  • ページレイアウト
    Power BI Desktopを使用してレポートページを作成するときは、ページサイズの種類とページレイアウトの2つのフィールドを使用してレイアウトを構成します。デフォルトでは、レポートを埋め込むたびに、Power BI Desktopで作成された設定が使用されます。カスタムレイアウトでは、定義を動的に設定して、アプリケーションページ内のレポートレイアウトを最適化できます。アプリケーションページまたはブラウザのサイズ変更でコンテンツの変更などの特定のイベントに基づいて、セッション中にレイアウトを変更できます。
  • ビジュアルレイアウト
    この機能は、単一ビジュアル埋め込みにも対応しています。カスタムレイアウトを使用して、表示するビジュアルを定義し、キャンバス上でビジュアルのサイズと位置を指定します。この機能を使用すると、ユーザーのセッション中に動的にキャンバス上のビジュアルの外観を完全に構成することができます。たとえば、アプリケーションの顧客に異なる部門があるとします。各部門の同一レポートまたはレポートページのコピーを作成して変更するのではなく、同じレポートページを表示して、関連するビジュアルだけをそのユーザーに公開することができます。カスタムレイアウトを使用すると、各ビジュアルの位置を最適化して、ユーザーエクスペリエンスがシームレスになるようにすることができます。

 

もう1つの例では、ユーザは、どのビジュアルを従属させたいのかを選択し、独自のカスタマイズされたビューを作成することができます。 カスタムレイアウトの詳細はこちらです(英語)。

ライブデモツール(英語)に例とコードスニペットがあります。カスタムレイアウトのライブデモツール(英語)を使用するには、次の手順を実行します。

 

  • サンプルレポートを選択します。
  • 実行を選択します。
  • [インタラクト]タブに移動します。
  • スクロールして、カスタムレイアウトの適用を選択します。
  • 実行を再度選択します