プレビュー:Azure SDK for Go 12.0.0

2017年12月21日 [Preview: Azure SDK for Go 12.0.0]粗訳

Azure SDK for Go (英語) のプレビューバージョンである、12.0.0-beta が利用(英語)できるようになりました。Go ベースのアプリケーションから Azure サービスを利用しやすくします。取得するには、go get -u github.com/Azure/azure-sdk-for-go/... を実行するか、新しい dep サポートを仕様して、以下の行を Gopkg.toml に追加してください:

[[constraint]]
    name = "github.com/Azure/azure-sdk-for-go"
    version = "12.0.0-beta"

このバージョンには以下の変更が含まれています:

  • (非同期の)長期実行操作では、操作の完了をポーリングするために仕様できる構造が返されるようになりました。以前は、このような操作でチャネルが返され、ポーリングはライブラリによって内部的に処理していました。
  • API バージョンとプロファイルのサポートの追加。services/... もしくは profiles/... のパスを使用して、特定のバージョンを選択肢、予期しない非互換性を回避します。詳細は wiki (英語)をご覧ください。
  • 追加されたコンテキスト(英語)のサポート。ライブラリメソッドは、最初のパラメーターとして、コンテクスト構造体を想定しています。
  • Support for dep (英語)のサポートが追加され、glide (英語) のサポートが削除されました。
  • ページング可能な結果を繰り返し処理するための API の簡略化。
  • 新しいサービスの追加:
    • MongoDB API を介した Azure Cosmos DB
    • Azure Kubernetes Service (AKS)
    • Microsoft Cognitive Services: カスタムサーチ、エンティティサーチ、イメージサーチ、ニュースサーチ、ビデオサーチ、ウェブサーチ、スペルチェック

詳細については変更ログ(英語)をご覧ください。 また、our GitHub tracker (英語)に問題点やリクエストを投稿してください。

広告