Azure SQL Data Warehouse での静的リソースクラスのサポート

2017年11月16日 [Static resource classes are now supported in Azure SQL Data Warehouse]粗訳

Azure SQL Data Warehouse が、既存の動的リソースクラス (smallrc、mediumrc、largerc、xlargerc) に加えて、静的リソースクラス (staticrc10 からstaticrc80) をサポートしました。

各リソースクラスは、 DWU 内の60ディストリビューションごとに、どのくらいのメモリが割り当てられているかを表します。静的リソースクラスは、スケーリングする DWU に関係なく、同一量のメモリを割り当てます。動的リソースクラスの場合、可変量のメモリが、現在の DWU に基づいて割り当てられます。

静的リソースクラスは、以下のシナリオを可能にします:

  • 静的リソースクラスは、固定量のメモリを付与するため、スケールアップ時に並行性が向上します。
  • 静的リソースクラスの範囲は、 staticrc10 から staticrc80の範囲のため、既存の動的リソースクラスより細かく設定できます。

リソースクラスを選択するガイダンスを含んだ詳細については、ドキュメントページをご覧ください。

広告

Azure SQL Data Warehouse での静的リソースクラスのサポート」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。