CLI のより明確な選択:リソースマネージャ向け Azure CLI 2.0

2017年11月29日 [Clearer choice of CLI: Azure CLI 2.0 for Resource Manager]粗訳

2017年12月より、Azure CLI 2.0 は、Azure Resource Manager ベースのリソースを管理する主要な CLI ツールになります。Azure CLI 1.0 は、Azure Service Management (ASM) ベースの(クラシックな)リソース、つまり、Azure config mode asm 経由でアクセスするコマンドを管理するためのツールとして引き続きご利用いただけます。この変更になり、目的に合わせたツールの選択が明確になります。

まもなく、Azure CLI 1.0 で、Resource Manager モードに切り替えようとすると、以下のメッセージが表示されます:

Info message in Azure CLI 1.0 using ARM mode

更に、Resource Manager コマンドのヘルプ (-h) には、このメッセージが含まれるようにんらいます。2018年7月より、警告メッセージが表示され、Azure CLI 1.0 の新規インストールモードは、ASM になります。最終的に、Azure CLI 1.0 は、ASM ベースのリソースのみをサポートするようになります。

Azure CLI 1.0 スクリプトを使用して、Resource Manager ベースのリソースを管理する場合は、migration guide (英語)をご覧になり、Azure CLI 2.0 に移行する必要があります。スクリプトの移行にヘルプが必要な場合や、移行に関する懸念がある場合は、公開 Slack チャンネル*(英語)でお問い合わせください。

Azure CLI 1.0 および 2.0 は、オープソースツールです。皆様からのフィードバックやコントリビューションをお待ちしています:

*2017年11月30日現在、一時的にご利用いただけません。

広告

パブリックプレビュー:Azure Automation watcher タスク

2017年11月28日 [Public preview: Azure Automation watcher tasks]粗訳

Azure Automation は、ハイブリッドワーカーを使用して、Azure および、オンプレミス環境全体で、プロセスを統合、および、自動化する機能を備えています。このハイブリッド管理機能は、データセンターのイベントへの自動応答を提供するように拡張されています。

watcher タスクを使用して、環境内のシステムをポーリングするwatcher runbook を作成できます。watcher タスクは、アクション runbook を呼び出し、見つかったイベントを処理します。watcher runbook と、アクション runbook は、PowerShell で作成され、Windows ハイブリッドワーカーで実行されます。

Automation watcher タスクの価格は、価格ページをご覧ください。

Azure Automation watcher タスクについての詳細は、watcher task チュートリアル(英語)をご覧ください。

GUID 移行:米国政府 Azure 向け、セキュリティと監査ソリューション

2017年11月28日 [GUID migration: Security and Audit solution for Azure Government]粗訳

Operations Management Suite のセキュリティと監査ソリューションは、マイクロソフトのセキュリティデータとマイクロソフトの分析を利用して、インテリジェントな脅威検出をおこない、損害を軽減し、セキュリティ監査をより簡単に遵守するのを支援します。

最近、米国政府 Azure 向けのセキュリティと監査ソリューションの課金メーターが米国政府向け Azure 課金メーターとして正しく構成されていないことが判明しました。2018年1月1日から、課金メーターは、米国政府向け Azure 課金メーターに変更されます。価格に変更はありませんが、メーターに依存する請求ロジックを変更する必要があり、請求書には、新しいメーターが表示されることがあります。

以下がメーター移行情報の表となります:

旧 GUID

リソース名

リージョン

EA ポータル名(製品)

新GUID

a126972e-8637-4715-9095-e8b202b88806

Standard Trial Nodes

USGov

Security Center Standard Trial Nodes – USGov

24f1cab0-5570-4223-b5c9-ff199890b583

3c745da5-b31a-4a1d-a119-6612b3dd5afe

Standard Nodes

USGov

Security Center Standard Nodes – USGov

1299b34c-a7ed-4312-8298-126d49b60c3f

2d523995-6ad8-43a3-b1cb-1b4f2d377b9f

Free Nodes

USGov

Security Center Free Nodes – USGov

861b256e-29b3-4d95-a5d7-bac2a1d2fef2

Azure DevTest Labs:ラボへの独自のアナウンスの投稿

2017年11月27日 [Azure DevTest Labs: Post customized announcements to your lab]粗訳

ラボ管理者は、最近の変更や追加点をラボユーザーに通知できるようになりました。例えば、新しいイメージ、新しい仮想マシンサイズが利用可能になったこと、または、特定のラボポリシーが更新されたことなどを通知できます。

このアナウンス機能は、一定期間、向こうにできる一時的な告知に利用するものです。詳細はチームブログ(英語)をご覧ください。

Azure ポータルでの支払い方法の管理

2017年11月27日 [Manage payment methods in the Azure portal]粗訳

米国内のオンラインダイレクトで購入いただいているお客様は、Azure ポータル内で、支払い方法の更新、追加、削除が可能になりました。

設定するには:

  1. サブスクリプションに移動
  2. サブスクリプションを選択
  3. Payment methods を選択

フィードバックをUserVoice(英語)でお待ちしています。

一般提供開始:Visual Studio App Center

2017年11月21日 [General availability: Visual Studio App Center]粗訳

Visual Studio App Center が一般提供開始になりました。

App Center の利用により、iOS、Android、Windows、MacOS アプリケーションのライフサイクルを自動化できます。ご利用中のリポジトリを接続し、クラウドでビルドすると、実際の1,000を越えるデバイスでテスト、ベータテスターやアップストアに配布、クラッシュや分析データを使って実際の使用状況を監視できます。

詳細については、App Center ウェブページをご覧ください。

11月30日より、VSTS は Azure ポータルでのみ利用可能に

2017年11月21日 [VSTS available only in the Azure portal from November 30]粗訳

2017年11月30日より、Visual Studio Team Services (VSTS) アカウントの管理には、Azure ポータルをご利用いただく必要があります。Azure クラシックポータルからのアクセスはサポートされなくなります。利用開始する方法の詳細については、VSTS ドキュメント (英語)をご参照ください。

VSTS についての詳細については、ウェブページをご覧ください。