Azure Batch 更新情報

2017年10月13日 [Azure Batch updates]粗訳

前回の更新より、以下の機能が、Azure Batch に追加されました:

Since the previous update, we have added the following capabilities to Azure Batch:

  • カスタムイメージと仮想ネットワーク
    • Batch は、以前より、カスタムイメージと仮想ネットワークをサポートしていました。今回、カスタム仮想マシンイメージを利用して作成されたプール、または、仮想ネットワークを参照するプールを作成するために、”User Subscription” Batch アカウントは不要になりました。デフォルトの Batch アカウントを利用できます。
    • ”Batch Service” アカウントは、カスタムイメージと仮想ネットワークを使用できるため、カスタムイメージと、ロープライオリティ仮想マシンを組み合わせて使用できます。
    • カスタムイメージは、 Blob VHD ファイルではなく、イメージリソースを使用して作成されます。Batch は、管理対象ディスクを使用して、プール仮想マシンを作成するので、結果として、イメージリソースを利用しています。つまり、カスタムイメージで作成された、プール内の仮想マシンの数に制限はありません。また、大規模プール用の VHD blob の複数コピーが不要になることも意味します。カスタムイメージプールの作成や拡張は簡単です。最新のドキュメントがご覧いただけます。
    • カスタムイメージ、または、仮想ネットワークを使用するには、Azure Active Directory 認証を使用する必要があります。アカウント名・キーによる認証は利用できません。
  • ロープライオリティ Batch 仮想マシン
    • ロープライオリティ仮想マシンが、パブリックプレビューから一般公開になりました。プレビュー料金設定は、数ヶ月間有効です。通常の仮想マシンと同様、地域毎の価格設定となる予定で、一部の地域では、わずかに価格が上昇する可能性があります。
  • Batch レンダリングプラットフォーム
    • プレインストールされたレンダリングアプリケーションを使用して Batch プールを利用し、分単位の課金で利用する機能が一般提供開始となりました。詳細については、レンダリングプラットフォームのドキュメントをご覧ください。
  • コンテナ
    • Batch コンテナプールを作成し、コンテナ イメージタスクを実行できます。プールが作成されると、1つ以上のコンテナイメージを指定し、仮想マシンにコピーできます。タスクが実行されると、コンテナイメージが指定され、コンテナの実行オプションが提供されます。タスク環境変数とフォルダは、コンテナにマップされます。プール仮想マシン構成には、新しいコンテナ設定(英語)があります。新しいコンテナ設定(英語)は、Batch タスクで使用します。Windows の場合、 Azure Marketplace にある “Windows Server 2016 with Containers” が利用されます。
  • Azure Hybrid Use Benefit
    • Batch を Windows 仮想マシンプールで作成する場合、Azure Hybrid Use Benefit ライセンスを利用できます。 Azure Hybrid Use Benefit が指定されている場合、仮想マシン価格に割引が適用されます。新しいライセンスタイププロパティ(英語)が仮想マシン構成に追加されています。
  • プール仮想マシンデータディスク
    • 仮想マシン構成のひとつを新しいデータディスク構成(英語)を使って、1つもしくは複数の空のデータディスクをプールの仮想マシンに接続できます。
  • 新しい仮想マシンサイズ
    • 最近追加された、Dv3 シリーズ、Ev3シリーズを Batch はサポートしています。これらの仮想マシンサイズは、一部のリージョンで利用可能です。

すべての API についての更新情報の概要については、以下のドキュメントをご覧ください:

広告