一般提供開始:Linux 向け Service Fabric 6.0

2017年10月13日 [General availability: Service Fabric 6.0 on Linux]粗訳

Azure Service Fabric 6.0 ランタイム、および、.NET SDK 2.8 が利用可能になりました。これには、新機能、改良、バグ修正が含まれています。

このリリースの一部として、Linux 向けコンテナ オーケストレーターとして、Service Fabric が一般提供開始になりました。 Linux 環境は、コンテナ オーケストレーター向けの Windows ランタイムと同等です。Service Fabric は、Linux 向け、コンテナ化されたアプリケーションをフルサポートしています。

広告