Azure Data Lake Analytics にパイプライン管理と定期ジョブの追加

2017年10月2日 [Azure Data Lake Analytics introduces capabilities to manage pipelines and recurring jobs]粗訳

Azure Data Lake Analytics サービスは、パイプラインの一部として、また、定期実行している Data Lake Analytics ジョブから、インサイトを簡単に管理し、取得するのに役立ちます。以下が新機能です:

  • 実行に失敗するパイプラインジョブ、もしくは、予想よりも時間がかかる可能性のあるパイプラインジョブを素早く認識
  • パイプライン、または、定期的なインスタンスの集計された統計(ジョブ数、成功した AU 時間と、失敗した AU 時間など)を取得、リソース消費と、コストの傾向を理解できます

Azure Data Factory V2 パイプラインの一部として、サブミットされた Data Lake Analytics ジョブは、追加作業なしで、新しい機能を自動的に活用します。 Azure Data Factory V1 を試用して、1つ以上の Data Lake Analytics アクティビティで構成されるパイプラインを作成している場合(もしくは、Azure で、データの移動と、ジョブオーケストレーションサービスをお探しの場合)、Data Factory V2 の検討をお勧めします。

広告