一般提供開始:Logic Apps 向けオンプレミスデータゲートウェイ

2017年5月3日 [General availability: On-premises data gateway for Logic Apps]粗訳

オンプレミスデータゲートウェイは、オンプレミスデータソースを使用してクラウド内のビジネスアプリケーションを使用可能にします。。これは、オンプレミスのデータソースとクラウドサービス間で迅速なデータ転送と暗号化を提供するブリッジとして機能します。ゲートウェイは、Power BI、Microsoft Flow、PowerApps、および、Azure App Service の Logic Apps 機能をサポートするようになりました。

本日、Azure のゲートウェイ機能が一般提供開始となりました。これは、管理者がゲートウェイの設定の制御をより実施でき、ゲートウェイクラウドサービスと Azure Service Bus が利用されているリージョンをユーザーが特定することができるように、ゲートウェイの主要な更新に含まれています。

Azure でゲートウェイをしようするには、 Azure リソースを作成し、ゲートウェイに関連づける必要があります。それを使用して、 Azure クラウドサービスでオンプレミス接続を確率できます。本日、Azure では、Logic Apps が唯一サポートされている機能です。Logic Apps でオンプレミスデータゲートウェイを使用するには、Logic Apps でのゲートウェイの利用をご確認ください。

広告