Azure DevTest Labs:すべての Lab での、Managed Disk サポート

2017年4月13日 [Azure DevTest Labs: Managed Disks supported in all labs]粗訳

前回の告知の新しく作成した Lab に加え、、仮想マシン OS ディスク、データディスク、カスタムイメージを含む、すべての Labs で Managed Disk が利用可能になりました。

作成済みの Lab では、Managed Disk は利用できませんでした:

  • Managed Disk を使用して、新しい仮想マシン、データディスク、カスタムイメージを作成できます。これらのリソースを作成するときも、同様のユーザーエクスペリエンスが得られます。
  • 既存の仮想マシンは、そのまま維持されます。
  • 既存のカスタムイメージは、そのまま維持されます。この場合、仮想マシンが作成されると、カスタムイメージのVHDから、 Managed Disk が作成されます。
  • 既存のデータディスクは、Managed Disk で作成された仮想マシンに接続されるまで、そのまま維持されます。接続されると、データディスクは Managed Disk にアップグレードされ、Managed Disk を使用していない仮想マシンにはアタッチできません。
  • Lab のストレージアカウントで仮想マシン OS ディスクが作成されなくなるため、Lab はストレージアカウントのオートスケールを停止し、ストレージアカウントへの新しいカスタムイメージのコピーをおこなわなくなります。

Managed Disk は、多数の仮想マシン向けの複数のストレージアカウントを管理するのを手助けします。その名称が示すように、Managed Disk のすべてのリソースは、ストレージアカウントではなく、Azure によって自動的に管理されるため、スケーラブルな仮想マシンの展開と管理が容易になります。新しい Lab では、大規模な仮想マシン展開のためのストレージアカウントのオートスケールが不要になりました。さらに、Managed Disk は、ディスクストレージ新しい価格モデルを提供します。詳細については、Managed Disk 製品ページをご覧ください。

広告