一般提供開始:Web Application Firewall

2017年3月29日 [General availability: Web Application Firewall] 粗訳

すべてのパブリッククラウドリージョンで、Web Application Firewall (WAF) が Application Gateway WAF SKU の一部として、一般提供開始となりました。

WAF は、SQL インジェクション、クロスサイトスクリプティング攻撃、プロトコルアノマリーなど一般的な、ウェブベースの攻撃から、ウェブアプリケーションを保護するのに役立ちます。コアルールセットを使用して、事前に構成されており、Open Web Application Security Project (OWASP) によって、認識されている多くの トップ10の一般的な脆弱性の脅威から保護します。

詳細については、Application Gateway Web Application Firewall (英語)ドキュメントをご覧ください。

広告