Azure AQL Database の新しい T-SQL 関数

2017年3月1日 [New T-SQL string functions in Azure SQL Database] 粗訳

Azure SQL Database で、新しい集計関数と文字列関数が利用できます:

  • STRING_AGG() 集計 、特定のセパレーターを使って、テーブルからの連続した値を集計する。以下は、従業員の、カンマで区切られた電話番号とセミコロンで区切られたメールアドレスを返すクエリーの例です:

SELECT DepartmentName, STRING_AGG ( Phone, ',' ) as Phones,

STRING_AGG ( EmailAddress, ';' ) WITHIN GROUP (ORDER BY EmailAddress) as Emails
FROM Employee
GROUP BY DepartmentName

追加の WITHIN GROUP 句を使用して、連結前に値をソートできることに注意してください。この例では、メールアドレスがアルファベット順にソートされています。

  • TRIM() 関数、文字列の両サイドから任意の文字を削除。以下の例では、最初の列でトリミングされている記事の説明を返します。2番目の列で、ドット、カンマ、セミコロンがトリミングされます:

SELECT TRIM (Description), TRIM( '.,!' FROM Description)
FROM Article

  • CONCAT_WS() 関数、最初のパラメータとして定義されたセパレーターを使用して、値を連結します。以下のクエリーは、アドレス部分をカンマで区切って、顧客名と住所を返します。:

SELECT Name, CONCAT_WS ( ',', AddressLine1, AddressLine2, Town, Region, Country, ZipCode) as FullAddress
FROM Customers

すべての新しい関数は、ネイティブコンパイルされたストアドプロシージャ、関数、トリガーでも使用できます。

広告