一般提供開始:Azure 管理ディスクとラージスケールセット

2017年2月11日 [General availability: Azure Managed Disks and large scale sets] 粗訳

Azure 管理ディスクが一般提供開始となりました。この機能は、仮想マシンディスクの管理をよりシンプルにします。管理ディスクを利用した場合、必要なディスクタイプ(標準、もしくは、プレミアムディスク)とディスクサイズのみを指定し、Azure がディスクの作成・管理をします。

さらに、管理ディスクには、データドライブを接続した scale set を定義するといった、機能拡張を virtual machine scale set にもたらします。scale set では、Azure Marketplace のイメージを利用した場合は最大1,000台の仮想マシン(以前の10倍増)を、カスタムイメージを利用する場合は100台の仮想マシンまで作成できます。

管理ディスクは、Azure Resource Manager デプロイメントモデルで作成された既存の仮想マシンを、管理ディスクを使用した仮想マシンに、1度の再起動で移行する方法を提供します。この新しい機能の利用に、ネットワークやセキュリティルールの再設定は不要です。

Azure PowerShellAzure コマンドラインインターフェース.NET(英語) ・Java(英語) の Azure 管理ライブラリを使って、プログラムで仮想マシンを作成してみてください。

ほとんどの Azure リージョン で、このサービスが利用できます。管理ディスクの詳細については、ブログ投稿をご覧ください。

広告