スダンタードストリーミングエンドポイントと Azure Content Delivery (CDN) の統合

2017年1月11日 [Standard streaming endpoints and Azure Content Delivery Network integration] 粗訳

Azure Media Services にスタンダードストリーミングエンドポイントと呼ばれる新しいオプションが追加されました。これは、必要に応じたスケールと堅牢性を提供することで、ストリーミングユニットの設定の複雑さを取り除きます。お使いのストリーミングエンドポイントは必要な帯域を監視され、必要に応じて自動的にスケールアウトします。スタンダードストリーミングエンドポイントに、Azure Content Delivery Network (CDN) を統合させることにより、小規模な視聴数から、大規模の視聴数まで、動画を配信できます。

一度のクリックにて、お使いのストリーミングユニットと、利用可能なすべての CDN プロバイダー( Akamai および Verizon )のスタンダート、もしくは、プレミアムサービスとを統合できます。Azure ポータルを利用して、関連するすべての機能の管理・設定が可能です。Azure Media Service のストリーミングエンドポイントを利用する際、CDN を利用する設定にした場合、ストリーミングエンドポイントと CDN 間の、データ転送費用は、課金されません。CDN を使用して転送されたデータは、CDN の料金として課金されます。

広告