パブリックプレビュー:SQL Data Warehouse 向け、インタラクティブなクエリーユーザーインターフェイス

2017年1月20日 [Public preview: Interactive query experience for SQL data warehouses] 粗訳

Azure ポータルに、新しい軽量な T-SQL エディタが、Azure SQL Data Warehouse 向けにご利用いただけるようになりました。お使いのデータウェアハウスのデータで、直接、インタラクティブなクエリーが可能です。クエリーを実行するために、クライアントのインストールや特定のポートを開く必要はありません。このエディタを以下の用途に便利にご利用いただけます。

  • リアルタイムワークロードのインサイトのための、動的なクエリービューの管理
  • アドホックなクエリーの実行
  • ユーザー認証などの管理

エディタを利用するには、SQL data warehouse 移動し、Common Task パネルにて、Query editor ボタンを選択します。

広告

Azure Mobile Apps iOSD SDK v3.3.0 リリース

2017年1月20日 [Azure Mobile Apps iOS SDK v3.3.0 released] 粗訳

本日、CocoaPods (英語)および、 他のオンラインサービスに Azure Mobile Apps iOS SDK をリリースしました。これは、既存の SDK の更新です。このリリースでは、特定機能の修正のみ実施しています。SFSafariVewController (英語)をサポートする認証コードを更新しています。

詳細、および、コードスニペットについては、チームブログ(英語)をご覧ください。

Azure App Service での、Parse Server の更新情報

2017年1月20日 [Parse Server on Azure App Service updated] 粗訳

Azure App Services 上で実行する自己管理バージョンの Parse Server 向けに、、オープンソースである、Parse Server project (英語)が、はじめてAzure Marketplace resource (英語)にリリースされmした。Parse Server の Azure バージョンは、DocumentDB、Storage、Notification Hubs、App Service といった Azure のリソースを使っています。尚、Parse Server は、最近、バージョン 2.3.0(英語)にアップデートされています。

詳細については、この更新に関するブログをご覧ください。

パブリックプレビュー:SQL Database 向け、インタラクティブなクエリーインターフェース

2017年1月19日 [Public preview: Interactive query experience for SQL databases] 粗訳

Azure ポータル内に、SQL Database 向けの軽量な T-SQL エディタが追加されました。お使いのデータベースのコンテキストに、、直接、インタラクティブにクエリーを実行できます。クエリーの実行に、クライアントマシンのポートをあけたり、クライアントツールをインストールしたりする必要はありません。快適にこのエディタをご利用いただけます:

  • リアルタイムワークロードのインサイト向け、動的管理ビューのクエリー
  • アドホッククエリーの発行
  • ユーザー認証などの管理

エディタをご利用になるには、SQL Database へ移動し、ツールボタンを選択し、その後、クエリーボタンを選択してください。

Azure SQL Data Warehouse:列ストアへのセカンダリインデックスが利用可能に

2017年1月18日 [Azure SQL Data Warehouse: Secondary indexes on column store now available] 粗訳

Azure SQL Data Warehouse に、列ストアテーブル上に、セカンダリ B ツリーインデックスが作成可能になりました。

大半の分析クエリは大量のデータを集約し、列ストア・セグメントを直接スキャンすることにより適切に処理されます。しかし、しばしば、「干し草の中の針」を探す必要があります。これは、単一行または小さな範囲の行の検索を行うクエリに変換されます。そのようなルックアップクエリは、フィルタ列にBツリーインデックスがある場合には、応答時間が大幅に(最大1,000倍)改善され、潜在的には、コンマ秒で実行される可能性があります。

列ストアテーブルにセカンダリインデックスを作成するには、一般的な、Create Index Transact-SQL 記述と同様な構文になります。

2月1日より、Web Apps は、Azure ポータルからのみ利用可能に

2017年1月17日 [Web Apps available only in the Azure portal from February 1] 粗訳

2017年2月1日より、Azure App Service の Web Apps は、Azure ポータルからのみ利用できるようになります。今後は、Azure ポータルから、Web Apps をご利用いただき、ぜひフィードバック(英語)をお願いします。

Azure ポータルで、Web Apps を利用開始するには、Web Apps ドキュメントをご覧ください。App Service については、ウェブページをご覧ください。

Azure Storage Data Movement Library 0.5.0 リリース

2017年1月17日 [Azure Storage Data Movement Library 0.5.0 release] 粗訳

Azure Storage Data Movement Library 0.5.0 がリリースされました。以下の改良が含まれます:

  • 4.77 TBまでサイズ拡張した Blob のサポート、詳細は、Azure Storage Blog の General Availability: Larger Block Blobs (英語)をご覧ください。
  • ブロック Blob へデータ転送する際にブロックサイズを指定する新しいオプション TransferManager.Configurations.BlockSize。詳細については、リファレンスドキュメント(英語)をご覧ください。
  • 依存する Azure Storage Client Library を 8.0.0 に更新。
  • 特別な文字列が名前に利用されている時に、コピー元を Blob スナップショットにコピーする機能のサポート

Azure Storage Data Movement Library は、NuGet (英語)からインストールできます。また、ソースコードは GitHub (英語)から入手できます。詳細については、Getting started ドキュメント(英語)をご覧ください。