クラウドバックアップを保護する Azure Backup のセキュリティ機能

2016年11月23日 [Azure Backup security capabilities for protecting cloud backups] 粗訳

今日、高度な攻撃から実運用を保護し、データをバックアップする強固な必要性があり、強力なセキュリティ戦略を立ててデータの回復性を確保する必要があります。

Azure Backup は、実運用環境とバックアップサーバーが侵害された場合に、クラウドバックアップを使用しバックアップを保護し、データを復旧できる機能委を提供します。この機能は、以下の、予防、アラート、リカバリーの3つの原則に基づいて構築され、攻撃に対する準備を強化し、強力なバックアップソリューションを提供できます。

  • 予防:バックアップデータの削除やパスフレーズの変更など重要な操作向けに、新しい認証レイヤーが追加されました。これらの操作には、有効な Azure 認証情報を所有しているユーザーのみが利用できるセキュリティ PIN 番号が必要となります。
  • アラート:バックアップデータの可用性に影響を与える重要な操作に対して、メール通知が送信されます。この通知により、攻撃が発生した場合、すぐに検知できます。
  • リカバリー:Azure Backup では、削除されたバックアップデータは14日間保持されるため、新旧を問わないリカバリーポイントを使用してリカバリー可能です。Azure Backup では、最小限のリカバリーポイントを管理しますが、リカバリーポイント数は常に十分な数があります。

詳細については、 Azure blog (英語)・Azure Backup ドキュメント (英語)をご覧ください。

広告