Azure PowerShell 1.7:非互換性への修正プログラム

2016年9月13日 [Azure PowerShell 1.7: Hotfix for breaking changes] 粗訳

Azure PowerShell version 1.4 ~ 1.6、と version 2.0 以降で非互換性の発生する変更があります。以下の Azure Storage コマンドレットにおいて、変更の影響があります:

  • Get-AzureRmStorageAccountKey: アクセスキー
  • New-AzureRmStorageAccountKey: アクセスキー
  • New-AzureRmStorageAccount: 特定のアカウントタイプとエンドポイント
  • Get-AzureRmStorageAccount: 特定のアカウントタイプとエンドポイント
  • Set-AzureRmStorageAccount: 特定のアカウントタイプとエンドポイント

コマンドレットへの影響を最小限にするため、Azure PowerShell 1.7 (英語)をリリースします。この修正プログラムは、New-AzureRmStorageAccount、 Get-AzureRmStorageAccount、Set-AzureRmStorageAccount のエンドポイントプロパティの指定を除いて、すべての非互換性問題を解決します。そのため、修正プログラムを適用いただくと、ご利用いただいているコード変更の必要はありません。

修正プログラムは、Azure PowerShell version 2.0以降には適用されません。Azure Powershell 2.0以降をお使いになる場合、既存のコマンドレットを更新(修正)することを予定ください。

詳細については、ブログ投稿(英語)をご覧ください。Azure Powershell 1.7のダウンロード(英語)は GitHub 上にございます。

広告