Site Recovery での VMware 向け Linux サポートの改善と、その他拡張

2016年8月12日 [Improved Linux support for VMware and other Site Recovery enhancements] 粗訳

最新リリースの Azure Site Recovery では、Linux サポートの強化と、その他、回復性の拡張が加えられています。

Site Recovery 利用者は、以下のバージョンのLinux で VMware上で動作している仮想マシンを Azure 上で保護できます。

  • Red Hat Enterprise Linux 7.1
  • Red Hat Enterprise Linux 7.2
  • CentOS 7.0
  • CentOS 7.1
  • CentOS 7.2

すでに Site Recovery でサポートされている Linux のバージョンに、上記バージョンが追加され、Site Recovery をご利用されているすべて方がご利用いただけます。

また、Amazon Web Services (AWS)上で動作している Linux インスタンスの Azure へのマイグレーションのサポートも追加しました。現在、AWS からマイグレーションできる Linux のバージョンは、Red Hat Enterprise Linux 6.7 HVM イメージに限定されます。

また、ファイルオーバーオペレーションの堅牢性を改善し、トラブルシューティングを容易にするために機能強化しました。機能強化の一つは、Azure Resource Manager のコンピュートインスタンスへ、ファイルオーバーする仮想マシンの起動時診断がデフォルトでオンになっていることです。

広告