一般提供開始:Microsoft R Server for Linux virtual machines

2016年7月13日 [General availability: Microsoft R Server for Linux virtual machines] 粗訳

今日、最もよく利用されているエンタープライズ分析 R プラットフォームである、Microsoft R Server が一般提供開始になりました。R Server は、検索、分析、可視化、モデリングなど、オープンソース Rをベースとした、静的モデリング、予測モデリング、機械学習を含む、数多くのビッグデータ機能を含む、広範囲な分析機能をサポートしています。

オープンソースの Rを活用し、拡張することにより、R Server は、 Rスクリプト、関数、 CRAN パッケージと互換性があり、企業規模でのデータを分析できます。メインメモリに収まらない大きなデータの分析を実施できるように、また、並列に処理できるように、R Server では、オープソース Rのインメモリ制限を改善し、データを分割し並列処理できるように拡張しました。

R Server は、一度作成したライブラリを最小限のコストで、複数のプラットフォームに展開でき、オンプレミス、クラウドのいずれでも、R ベースのアプリケーションに、エンタープライズクラスの性能とスケーラビリティを提供します。Windows プラットフォームで、Microsoft R Server を利用するさいには、SQL Server 2016 Enterprise 仮想マシンを利用し、R サービスを利用可能にしてください。

詳細については、R Server (英語)ページをご覧ください。価格については、Virtual Machines の価格ページをご覧ください。

広告