Azure DocumentDB:

2016年5月10日 [Azure DocumentDB: Expire data automatically with “time-to-live” setting] 粗訳

Microsoft Azure DocumentDB では、自動的にパージされるまで、データベースに存在するドキュメント生存期間設定するを能力を備えました。この期間の長さは、ドキュメントの”time-to-live(有効期間)”TTLとして参照され、最終変更日時より、秒単位で計算されます。この値をコレクションレベルで設定可能で、ドキュメント単位で上書きもできます。有効期間が設定された際は、DocumentDBは、存在するドキュメントを、設定された期間のあと、自動的に削除します。

time-to-live(有効期間)についての情報については、TTL (Time to Live) を使って DocumentDB コレクションのデータの有効期限が自動的に切れるようにするを参照いただくか、DocumentDB now supports time to live (英語)ブログポストをご覧ください。

広告