Automation:実行アカウント

2016年4月15日 [Automation: Run As account] 粗訳

Azure portal にて、実行アカウント(サービスプリンシパル)を作成できるようになりました。

Azure portal 上で、あたらしく Automation アカウントを作成する際、新しいサービスプリンシパルが自動的に作成され、既定では、サブスクリクションの共同管理者RBACに登録されます。

これは、必要なオートメーションをサポートする runbooks の構築・デプロイをすばやく開始することを手助けします。

管理者アカウントをつかうと、以下を行えます:

  • runbooks を使い、Azure Resource Manager  のリソースを管理する際、Azureと認証する標準的な手法を提供します。
  • Azure アラート中の構成済みの global runbooks の利用を自動化します。

Azure portal もしくは Azure PowerShell を使った実行アカウントについての詳細については、Azure 実行アカウントを使用した Runbook の認証をご覧ください。

広告