一般提供開始:Azure Data Catalog

2016年4月1日 [General availability: Azure Data Catalog] 粗訳

Azure Data Catalog は、登録されたデータ資産を保存、説明、インデックス、アクセス方法を提供する企業ワイドなメタデータのカタログです。これは、データ作成者と利用者の間で、データソースを発見することを容易にします。

ITに特化した従来型のメタデータ管理と対比すると、Data Catalogは、ITとビジネスユーザーのギャップを橋渡しします。これは、データの知識のあるユーザーが、必要なデータを発見した際に、それぞれのデータに注釈をつけることによって、システムをより高度にできます。そして、必要に応じて選択するためにデータ表示を固定し、制御と監視を維持できます。

この機能についての詳細は、Data Catalog ドキュメント をご覧ください。

Data Catalogは、無料と Standard エディションが一般提供され、2016年5月1日より課金されます。価格についての情報は、Data Catalog の価格をご覧ください。

広告