更新:Automation Graphical Authoring SDK

2016年3月16日 [Update: Automation Graphical Authoring SDK]祖訳

更新された Microsoft Azure Automation Graphical Authoring SDK のパブリックプレビューがリリースされました。この更新では、いくつかの互換性の問題を修正しています。

最新バージョンのMicrosoft Azure Automation Graphical Authoring SDK をぜひダウンロードしてください。

広告

Azure パブリッククラウドの法令遵守についてのアップデート

2016年3月16日 [Compliance updates for Azure public cloud]祖訳

Azure ポートフォリオに、証明書対象範囲を追加し、制限のあるお客様は、新しいサービスの利益を教授できます。

  • Azure Service Organization Control(SOC) 1 および 2レポートを更新し、対象範囲のサービスに新しい14のサービスを追加し、SOC 3 を達成しました。対応している新しいサービスには、Scheduler, API Management, Azure Redis Cache, ExpressRoute, Automation, Load Balancer, HDInsight, Premium Storage, SQL Database, Event Hubs, Sync Fabric (Microsoft Azure Active Directory [Azure AD], Password Single Sign-on (Azure AD), Self-Service Group Management(Azure AD), Operation Insights が含まれます。
  • Azure Payment Card Industry (PCI)証明書を更新し、 PCI データセキュリティスタンダード(DSS) 3.0 を PCI DSS 3.1にアップグレードし、サービス対象範囲を拡張しました。この証明書に追加されたサービスには、HDInsight, Key Vault, Azure Resource Manager, Azure Redis Cache が含まれます。
  • Japan Information Security audit Association (JASA)によるJapan Cloud Security Gold Mark(CSゴールドマーク)認証評価を取得しました。この範囲には、Azure および、Office 365 の全ての層(IaaS, PaaS, SaaS)が含まれ、SOC 2 type を取得しているマイクロソフトが運用するすべてのリージョンが含まれます。CSゴールドマークは、ISO/IEC 27017 をベースとした標準です。

追加情報については、Compliance, SOC 1, 2, and 3 Reports, Payment Card Industry (PCI) Data Security Standard (DSS) Level 1 (英語) および、Cloud Security Mark (Gold) (英語)ページをご覧ください。

Automation:グラフィカルな runbook 作成の簡略化のための活動アウトプットオブジェクトプロパティ出力

2016年3月16日 [Automation: Activity output object properties exposed to simplify graphical runbook authoring]祖訳

Azure Automation で、グラフィカル runbook  を作成する際、一般的な形式は、最新アクティビティの入力として、適当なアクテイビティの出力を利用することです。以前は、UX は、全体の出力オブジェクトのみを許容していました。オブジェクトのいくつかのプロパティは、それぞれに発見する必要がありました。これからは、 UX が、アクティビティ出力オブジェクトのプロパティ階層を表示できるので、任意のオブジェクトプロパティを入力するアクティビティとして選択できます。これは、グラフィカル runbook を作成する際に、大幅に時間を退縮できます。

現在、コマンドレット向けに公開されているプロパティは、OutputType 属性セットを保有しています。グラフィカル runbook を簡単に扱えるように、PowerShell コマンドレットで、OutputTypeを設定する方法を学習するには about_Functions_OutputTypeAttribute (英語)とOutputType Attribute Declaration (英語)をご参照ください。

Activity Output Object Properties
アクティビティ出力オブジェクトプロパティ

API Management ポリシーにおけるシークレットとグローバル値の管理のための API Management プロパティの利用

2016年3月15日 [Use API Management properties to manage secrets and global values in API Management policies]祖訳

API Management プロパティのこのリリースによって、それぞれの API Management サービスインスタンスは、サービスインスタンスへのグローバルなキー・バリューペアのコレクションプロパティを保有しています。全ての API 構成とポリシー、シークレットを含む、定数文字列値を管理するために、3つのプロパティが利用できます。

プロパティには、リテラル文字列、ポリシー式、および、シークレットを含められます。これらは、全体、もしくは、一部の要素と属性値として、API Management ポリシーとして使われます。

プロパティは以下の様に利用できます:

  • ポリシーステートメント外のポリシーで使われるシークレットの保存
  • 一つ以上のポリシーで利用され、一カ所で値変更される属性値の保存

プロパティの利用を開始するには、How to use properties in Azure API Management policies (英語) をご覧ください。

Azure DevTest ラボ:ラボ内での VM 作成向け Azure Marketplace イメージの利用

2016年3月15日 [Azure DevTest Labs: Use Azure Marketplace images to create VMs in the lab]祖訳

Marketplace イメージが、以下の条件に合致する場合、Azure DevTest ラボ内に、VM を作成する際にに、Azure Markretplace イメージを管理・利用できます:

  • イメージが単一の VM を作成する
  • イメージが VM のプロビジョニングに Azure Resource Manager を利用する
  • イメージが、追加のライセンス購入を必要としない

すべて、もしくは一部の Azure Marketplace イメージの利用を許可するためにラボの設定を更新できます。

Whitelist Azure Marketplace images
すべて、もしくは、一部のAzure Marketplace イメージの利用許可

Allow all Azure Marketplace image as VM bases の設定が No の場合、ラボで利用したいイメージを選択できます。何も選択しない場合、ラボで Azure Marketplace イメージ は利用できません。

 ラボを作成した際、選択した Azure Marketplace イメージが、カスタムイメージと同様に、ベース VM のリストに表示されます。

Azure Marketplace images as VM Bases
ラボ VM作成のベースとして、Azure Marketplace イメージを選択

今すぐご試用いただき、ご意見をおきかせください!改善点にアイディアがあれば、Azure DevTest Labs feedback forum (英語)で、フィードバック(もしくは、他のフィードバックへの投票)をお願いします。

ご質問があれば、MSDN Community forum (英語)をご覧いただくか、新規にご質問を投稿ください。

Azure Portal の拡張

2016年3月14日 [Enhancements to the Azure portal]祖訳

機能 アップデート情報
パフォーマンスの改良 不要なポーリングとキャッシュパターンの無効化
Azure App Service advisor おすすめをフィードバックする機能。Settings タブに App Service advisor を移動しました。
App Service environment ワーカープール Settings ブレードがロードされないバグを修正しました。
ロールベースアクセスコントロール(RBAC)

以下を修正しました:

  • Web サイトレベルで“website contributor”アクセス権が付与され、Web ホスティングプランで、”reader”のアクセス権があるアカウントの場合、継続的デプロメントタイルとモバイル認証ブレードが予期したとおりに動作しませんでした。
    • スロットの共同作成者が、appSettings の設定ができませんでした。

ClearDB Azure Portal の設定が英語以外の場合、作成できない問題を修正しました。
その他 以下の追加変更をおこないました:

  • API 定義ロケーションの更新に失敗した際、エディットスコープが間違ったステートに入っていました。これを修正しました。
  • Azure Pass サブスクリプションを利用している場合、常に、ブラジル南部にサイトが作成されます。
  • Azure App Service プランの Settings ブレードが、1スケールアップのみ表示します。
  • Web Apps のアクションメニューに、ブラウズ機能を追加しました。
  • 現在、Insight サービスは、インドリージョンにデプロイされていません。アラートルールとオートスケールの設定が、地域がインドの場合、無効になります。
  • サイト拡張のUI文字列を簡略化しました。

Logic Apps でのより多くのトリガー形式の実行

2016年3月14日 [Run Now with more trigger types in Logic Apps]祖訳

以前のリリースの Azure App Service の Logic Apps では、手動のトリガーのみが、Azure Portal 内で、Run Now コマンドを使って実行できました。現在のリリースでは、参照トリガーやポーリングトリガーを使ってLogic Apps を手動で実行するために Run Now コマンドが利用できます。

logic-runnow

Run Now コマンドを選択し、実行したいトリガーを選択します。

Logic Apps 向けカスタム API の自動検出

2016年3月14日 [Automatic discovery of custom APIs for Logic Apps]祖訳

Azure App Service に含まれる Logic Apps の最新リリースには、サブスクリプションに含まれる既存の API を検出する機能と、Logic Apps デザイナーで扱える機能が含まれています。デザイナーで、新しいトリガーやアクションを追加した際、サブスクリプション中に存在する、Logic Apps で利用できる API と マネージ API と ドロップダウンメニューが現れます。

logicapp-listapis

API を表示するには、API  定義プロパティには、Swagger への URL が含まれているか確認します。また、Web Apps、API Apps、Mobile Apps でクロスオリジンリソースシェアリング(CORS)が利用可能になっているか確認します。わずかな構成により、このリスト中に v1 API も表示されるようになります。詳細については、Accessing v1 APIs and BizTalk APIs from Logic Apps blog (英語)をご覧ください。

Azure Data Factory 向け、コード無しコピーウィザード

2016年3月11日 [Code-free copy wizard for Azure Data Factory]祖訳

Azure Data Factory の新しい機能は、JSONコードの記述無しに、データ移動パイプラインを簡単にセットアップできます。

データ移動パイプラインを作成・デプロイために、シンプルにクリックするだけのウィザードをお使いください。複数のテーブル・フォルダ、データのプレビュー、マップスキーマ、式の検証を参照したり、シンプルなデータ変換を実行できます。このインターフェースを使うと、100を越えるファイル、フォルダ、テーブルの移動を効果的で簡単に行えます。

本日より、新しいコード無しのコピー機能により、Azure Storage、SQL Database、Azure SQL Data Warehouse、Azure Data Lake、オンプレミスの SQL Server 間でデータ移動できます。将来的には、より多くのデータソースのサポートを追加します。コード無しコピー機能については、ドキュメント をご参照ください、また、Azure portal の Data Factoryの、”Copy Data” タイルで、クリックしてお試しいただけます。