告知:新しい Dv2 シリーズ仮想マシン(VM)サイズ

2016年3月30日 [Announcing: New Dv2-series virtual machine size] 粗訳

より大きな仮想マシンサイズが Dv2 シリーズに加わりました。この新しいサイズは、Standard_D15_V2 で、次の仕様です:20 CPU コア、140GB メモリ、1,000 GB テンポラリ SSD、最大8仮想ネットワークインターフェース(NIC)、最大40データディスク、高速なネットワーク帯域。

それぞれの、Standard_D15_v2 インスタンスは、一人のユーザー向けで、専有しているハードウェア上で独立しています。この追加と、Standard_G5 は、一人のユーザー向けに専用しているハードウェアを提供する2つのサイズです。

Standard_D15_v2 は、Azure  のリージョン で告知されているとおり、Dv2 シリーズが提供されているすべてのロケーションで利用可能です。このサイズは、Azure Resource Manager デプロイメントモデルの Virtual Machines で、Canonical, CoreOS, OpenLogic, Oracle, Puppet Labs, Red Hat, SUSE, Microsoft が提供しているカスタムOSイメージで利用できます。

広告