Automation:グラフィカルな runbook 作成の簡略化のための活動アウトプットオブジェクトプロパティ出力

2016年3月16日 [Automation: Activity output object properties exposed to simplify graphical runbook authoring]祖訳

Azure Automation で、グラフィカル runbook  を作成する際、一般的な形式は、最新アクティビティの入力として、適当なアクテイビティの出力を利用することです。以前は、UX は、全体の出力オブジェクトのみを許容していました。オブジェクトのいくつかのプロパティは、それぞれに発見する必要がありました。これからは、 UX が、アクティビティ出力オブジェクトのプロパティ階層を表示できるので、任意のオブジェクトプロパティを入力するアクティビティとして選択できます。これは、グラフィカル runbook を作成する際に、大幅に時間を退縮できます。

現在、コマンドレット向けに公開されているプロパティは、OutputType 属性セットを保有しています。グラフィカル runbook を簡単に扱えるように、PowerShell コマンドレットで、OutputTypeを設定する方法を学習するには about_Functions_OutputTypeAttribute (英語)とOutputType Attribute Declaration (英語)をご参照ください。

Activity Output Object Properties
アクティビティ出力オブジェクトプロパティ

広告