Gitを使った、API Management サービスインスタンスの管理

2016年3月9日 [Manage your API Management service instances by using Git]祖訳

Azure API Management チームは、API Management サービスインスタンスの管理に Git が利用できることをアナウンスします。

それぞれの API Management サービスインスタンスは、サービスインスタンスの構成やメタデータについての情報を保持しているデータベースをメンテナンスします。PowerShell、コマンドレット、もしくは、REST API 呼び出しによるパブリッシャーポータルの設定の変更によって、サービスインスタンスに変更が加えられます。これらの方法に加えて、以下の様なシナリオにおいて、Gitを利用したサービスインスタンスの構成管理が行えます:

  • 構成バージョン管理 – 異なったバージョンのサービス構成のダウンロード・保存
  • 構成の一括変更 – ローカルリポジトリでのサービス構成変更と、サーバーへの変更の一括オペレーション
  • 使い慣れたGit ツール群とワークフロー – すでにお使いのGitツール群とワークフロー活用

Gitを使って、サービスインスタンスを管理するには、以下のステップを参照ください:

  1. サービスで Git アクセスを有効化
  2. サービス構成データベースを Git リポジトリに保存
  3. Git リポジトリをローカルにクローン
  4. 最新のリポジトリをローカルにプルし、リポジトリに変更をコミット・プッシュバック
  5. リポジトリからサービス構成データベースに変更をデプロイ

API Management への Git 利用、および、アクセスについてのステップバイステップについては、How to save and configure your API Management service configuration using Git (英語)をご参照ください。

広告