Azure App Service の仮想ネットワークV2のサポート

2016年3月8日 [Azure App Service supports V2 virtual networks]祖訳

Azure App Service が V2(Azure Resource Manager)の仮想ネットワークをサポートしました。これは、Web、Mobile、API apps をV1もしくはV2の仮想ネットワークに統合できることを意味します。

設定するには、App Service > Settings > Networking ブレード に移動し、V1 仮想ネットワークの統合と同様に作業します。

V2

V1 もしくは V2 仮想ネットワークは選択できます。V1仮想ネットワークは(クラシック)と名称のあとに記載されています。新しく仮想ネットワークを作成すると、point to site(P2S)が利用可能なゲートウェイと一緒にV2仮想ネットワークが作成されますが、アプリケーションのネットワークは設定されません。

すでに設定済みのV2仮想ネットワークがある場合、統合を実施する前に、P2Sゲートウェイのセットアップ方法についての次のオンラインガイダンスを参照してください。

詳細情報については、アプリを Azure 仮想ネットワークに統合する を参照ください。

広告