一般提供開始:Microsoft Azure IoT Hub

2016年2月3日 [Generally available: Microsoft Azure IoT Hub] 粗訳

Microsoft Azure IoT Hub は、デバイスに対して、接続・プロビジョニング・モニター・更新・コマンドの送信の安全な方法を提供します。これは、IoT プロジェクトを素早く開始するために、様々なのオペレーティングシステムとプロトコルで実行されている数百万の IoT アセットの制御を可能にします。

Azure IoT Hub は 企業を以下の点で手助けします:

  • 不安定な接続環境におけるIoT アセットを使った場合でも、高い信頼性の双方向通信。それにより、必要に応じて、企業は受信した利用統計情報データの分析、コマンドの送信や通知ができます。
  • 適切な証明書を使ったデバイス毎の認証によるIoT ソリューションのセキュリティ強化。
  • システムの整合性を管理するために、必要に応じて特定のデバイスからのアクセス権の取り消し。
  • 可能なかぎり、セキュリティの脅威や作業問題を特定するためのデバイスの接続性監視。
  • HTTP, AMQP, AMQP over WebSockets , MQTT など一般的なプロトコルのサポート。

Azure IoT Hub は個別のサービスとして、もしくは、Microsoft Azure IoT Suite のサービスの一つとして 利用可能になりました。一般提供開始での価格は、2016年4月1日より適用されます。

詳細については、Azure IoT Hub ページを、価格に関する情報ついては、IoT Hub の価格 をご覧ください。

広告