Visual Studio 向けAzure Data Lake ツール:12月アップデート

2016年1月8日 [Azure Data Lake tools for Visual Studio: December update] 粗訳

Azure Deta Lake 開発者向けに、開発者エクスペリエンスの改善を実施しました。12に月追加されたのは以下の機能です。

U-SQL ローカル実行の拡張

U-SQL ローカル実行のための DataRout の構成変更。設定するには、Menu > Data Lake > Options and Settings をクリックします。

サーバーエクスプローラでのローカル開発でのエクスペリエンスは、クラスター開発のエクスペリエンスと同一です。メタデータの作成および削除オペレーションを、データベース、アセンブリ、スキーマ、テーブルに対して実行できます。

Server Explorer Expeirence for Local Run[1]

エラーメッセージスクリーンアップデート

以下の画像の表示のとおり、より明確にジョブエラーが参照できます:

Error Message Update

* カラムの拡張

*にむけたカラムの拡張のため、エディタでのサポートを追加しました。カーソルでポイントすることにより、(ネームスペースを追加したC#のように)ヒントを参照できます。カラムを拡張するために、C#同様のショートカット(Alt + シフト + F10)も使えます。

Expand Columns[1]

広告