Azure Search:.NET SDK version 1.0.1-preview

2016年1月25日 [Azure Search: .NET SDK version 1.0.1-preview] 粗訳

Azure Search .NET SDK の Version 1.0.1-preview は、ドキュメントのシリアル化と逆シリアル化にJSON.NETを試用します。この新しいバージョンのSDKは、JsonConverterIContractResolverを通じてカスタムシリアル化をサポートします(詳細については JSON.NET documentation (英語)をご参照ください)。これは、Azure Searchや他の高度なシナリオで、アプリケーションの既存のモデルクラスを適合させるのに便利です。例えば、カスタムシリアル化では以下が可能です:

  • ドキュメントフィールドとして保存された特定のプロパティモデルの包含および除外
  • インデックス中のフィールド名とコード中のプロパティ名のマップ
  • プロパティのドキュメントフィールドへのマップと対応するインデックス定義作成といったカスタム属性の作成

カスタムシリアル化に加えて、新しいSDKは、SearchContinuationToken オブジェクトのシリアル化をサポートします。これは、ウェブアプリケーションから Azure Search を呼び出す際や、検索結果のページングにおいて、ブラウザやモバイルアプリケーションで利用する継続トークンを交換する際に便利です。

Azure  Search .NET SDK の Version 1.0.1-preview には、以前のバージョン(0.13.0-preview)から、いくつかの重要な変更が含まれています。これらはのほとんどは微々たるものなので、既存のコードの変更も最小になるはずです。このバージョンは、旧バージョン(2015-02-28)のREST APIをターゲットとしており、このリリースでは、新しいサービス機能はありません。

詳細を理解するには、Upgrading to the Azure Search .NET SDK version 1.0.1-preview (英語)をご覧ください。

広告

Azure SQL Databaseにおける新しいT-SQLプログラミング機能

2016年1月23日 [New T-SQL programmability features in Azure SQL Database] 粗訳

SQL Server 2016で実装された新しいプログラミング機能がAzure SQL Databaseにて利用できるようになりました。このバージョンより、新しく追加されたビルドイン機能とステートメントを利用できます。

AzureポータルでのVSTSを使った新しいデプロイ方法

2016年1月22日 [A new way to deploy VSTS in the Azure portal] 粗訳

Visual Studio Team Services(VSTS)を使った Azure ウェブサイトのデプロイは、Kuduを使ったデプロイと異なった働きをします。Azure portal にてソースコードからのデプロイをセットアップする際に、以下のいくつかのオプションがあります:

  • Visual Studio Team Services
  • OneDrive
  • ローカルの Git repository
  • GitHub
  • Bitbucket
  • Dropbox
  • 外部のリポジトリ

これらのすべての婦ションは、Kuduデプロイメントエンジンを使っています。Visual Studio Team Servicesのオプションでは、Kuduは、Gitリポジトリのみをサポートします。追加情報については

Can I host my repo on VSTS and have Kudu build it?(英語)をご覧ください。

Azure support portal の更新

2016年1月22日 [Updates to Azure support portal] 粗訳

Azure support portal で以下を更新しました:

  • Node.js パーサー:
    DaaSのNode.JSにむけたデータコレクターとパーサーの追加
  • 実行の遅れに対応する自動的に修正されるUX設定:
    support portal のスタートアッププロセスでの実行の遅れに対応する自動修正
  • クラッシュ診断:
    Antares(app service)での特定の例外やクラッシュを出刃っすするサイト拡張のリリース

追加情報については、Use Crash Diagnoser Site Extension to Capture Dump for Intermittent Exception issues or performance issues on Azure Web App (英語)をご覧ください。

プレビュー:リージョン間の Azure App Serviceの複製、利用開始に

2016年1月22日 [Preview: Azure App Service cloning now available between regions] 粗訳

Azure PowerShell Version 1.1.0のNew-AzureRMWebAppという新しいオプションにより、異なるリージョン、もしくは、同一リージョンに対し、既存の web app を新しく作成したappに複製できる機能が追加されました。異なったリージョンを越えて、いくつものアプリケーションを、簡単に素早くデプロイできるようになりました。以下の機能が現在利用可能です:

  • 既存アプリケーションの複製
  • 既存アプリケーションの app service environment への複製
  • 既存のアプリケーションスロットへの複製
  • アプリケーション複製中の Traffic Manager の設定

アプリケーションの複製は、現在、Premium tier の app serviceプランにてご利用いただけます。この新しい機能委は、 Web Apps Backup 機能と同様の制限があります。

追加情報については、以下をご覧ください:

パブリックプレビュー:Automation Graphical Authoring SDK

2016年1月22日 [Public preview: Automation Graphical Authoring SDK] 粗訳

Microsoft Azure Automation Graphical Authoring SDK は、開発者が、Azure Automation serviceを使うために、グラフィカルな runbook の作成・編集を可能にします。このSDKは、開発者が、グラフィカルなrunbook(.graphrunbook)を操作を可能にします。これは、独自のアプリケーションで以下を可能にします:

  • Azureポータルへインポート可能なrunbookファイルの作成と、グラフィックエディタによる編集
  • Azureポータルからエキスポートされた runbook ファイルの使用

SDKのダウンロードには、 Microsoft Azure Automation Graphical Authoring SDK (英語)へアクセスしてください。追加情報や必要システム、インストールの方法も、こちらでご覧いただけます。

Azure Batch サービスでのMPI加とオフラインノードのサポートの追加

2016年1月22日 [Azure Batch Service adds MPI and offline node support] 粗訳

Azure Batch サービスにて、MPIとオフラインノードの追加がサポートされました。

追加情報については、 Azure Batch Service Update – Dec. 2015 (英語)をご覧ください。Azure Batch クライアントライブラリーは、追加された機能のために、3.0.0 (英語)も更新されました。