パブリックプレビュー:オンプレミス StorSimple 仮想装置

2015年12月17日 [Public preview: On-premises StorSimple Virtual Array] 粗訳

StorSimple 仮想装置は、仮想マシン上で動作する StorSimple です。これは、StorSimpleハイブリッドクラウドストレージの基本的な価値を提供する、リモートオフィス環境にとって、コスト効率にすぐれた、軽量なソリューションで、以下を含みます。

  • 管理データの増加にともなう自動な階層化といったシームレスなクラウド統合
  • クラウドベーススナップショットを含んだシンプルなデータ保護
  • ロケーションを問わないクラウドからのデータ復旧

StorSimple 仮想装置は、Azureポータル上のStorSimpleマネージャよりダウンロードいただけ、Hyper-VやVMwareハイパーバイザー上に構成された仮想マシンにインストールできます。StorSimple仮想装置は、(SMBを利用する)NASや、(iSCSIを利用する)SANデバイスとして構成できます。

これは、インフォメーションワーカーやコラボレーション向けシナリオにおいてのファイル共有や、階層化されたボリュームとローカルボリュームの組み合わせを利用した小規模データベースワークロードでの利用を想定しています。これは、AzureポータルのStorSimpleマネージャサービスより管理できます。

オンプレミスのStoreSimple 仮想装置は、StorSimple 8000シリーズの計測と同様、StorSimpleメータとAzure Blob Storage メータで課金されます。

追加情報については、TechNet上の次のブログをご参照ください:Microsoft targets new workloads and smaller enterprises with expanded StorSimple offerings. (英語)

広告