Azure Virtual MachinesへのスタティックパブリックIPアドレス提供

2015年12月28日 [Static public IP addresses available for Azure virtual machines] 粗訳

Azure Resource Manager デプロイメントモデルの Virtual Machines(VM)に、スタティックパブリックIPアドレスを、割り当てられるようになりました。今までは、ダイナミックパブリックIPアドレスのみをVMのネットワークアダプターに割り当てることができていました。

注意 クラシックデプロイメントモデルでは、スタチックパブリックIPアドレスは、Cloud Services に割り当てることができます。これは、予約済みIPとして適用されています(予約済みIPの概要を参照してください)。しかし、VMには、ダイナミックパブリックIPアドレスのみ割り当てられます(インスタンス レベル パブリック IP の概要を参照してください)。このアナウンスにおいて、クラシックデプロイメントモデルに対しては、変更情報はありません。

詳細については、以下の参照してください:

広告

Automation:グラフィカルrunbook でのチェックポイントの構成

2015年12月28日 [Automation: Configure checkpoints in graphical runbooks] 粗訳

Azure Automationでは、グラフィカルrunbookでチェックポイントを構成できるようになりました。グラフィカル runnbook のそれぞれのアクティビティは、アクティビティが完了する際に、runbookのチェックポイントを選択する箇所を構成できます。これは、runbookジョブの状態を保存することを可能にするAutomation ワークフローの機能の一つで、runbookジョブが再起動が必要な場合に、前回のアクテビティを繰り返さないようにします。

追加情報については、以下のをご覧ください:

Checkpoint in Graphical Runbook
グラフィカル runbookのチェックポイント

StorSimple 仮想アプライアンスモデル 110 は、今後、StorSimple クラウドアプライアンス 8010 という名称で呼ばれます

2015年12月22日 [StorSimple Virtual Appliance model 1100 now called StorSimple Cloud Appliance 8010] 粗訳

StorSimple 8000 シリーズアップデート2のリリースにあわせ、StorSimple 仮想アプライアンスモデル 1100 は、StorSimpleクラウドアプライアントという名称に変更されます。このアプライアンスモデルは、このアップデート時にリリースされた、StorSimple 8020 クラウドアプライアンスと共存します。

この二つのモデルの追加情報については、Announcing the StorSimple Cloud Appliance 8020 (英語) をご参照ください

一般提供開始:Azure Scheuduler

2015年12月17日 [General availability: Azure Scheduler] 粗訳

Azure portal 上にて、Azure Scheduler の一般提供開始が始まりました。このリリースにより、高度なスケジュール、エラー処理構成、再試行ポリシーなどを含む、すべての Scheduler の機能をユーザーインターフェースよりご利用いただけます。

SchedulerScreenShot-GA

また、数多くの要望のあった以下の機能を追加しました:

  • 直ちに実行(Run Now)
    直ちに、Scheduler Job を実行するトリガー
  • Service Bus Queueとトピックアクション
    Service Bus Queue もしくは、.NET Messagingもしくは、AMQPを使ったトピックへのメッセージをポストするScheduler Jobの作成
  • Azure Resource Manager サポート
    Scheduler は Resource Manager でサポートされるので、ロールベースのアクセスコントロール(RBAC)、タギング、管理操作監査、ARM 配置テンプレートを配置、といった機能を提供します。

追加情報については、以下をご参照ください。

API Management:高度なキャッシングとスロットリングポリシー

2015年12月17日 [API Management: Advanced caching and throttling policies] 粗訳

API Managementのキャシュとスロットリングの能力を拡張する新しいポリシーのいくつかが利用可能となりました。

  •  cache-lookup-valuecache-store-value は、ポリシー実行中に、任意のポイントの任意のデータのキャッシュを可能にします。
  •  quota-by-keyrate-limit-by-key ポリシーは任意のキーバリューを使って、クォータの分割と利用の制限回数をします。これは、開発者のコントロール無しに、DOS攻撃を防御したり、エンドユーザー向けに利用率のコントロールをしたりします。

高度なキャッシュポリシーは、以下の様なシナリオをサポートします:

高度なスロットリングポリシーは、以下の様なシナリオをサポートします:

これらの新しいポリシーを使うための、追加情報、例、ガイダンスについては、以下をご覧ください。

一般提供開始:更なるリージョンでのDv2 Virtual Machines

2015年12月17日 [General availability: Dv2 VMs in more Azure regions] 粗訳

過去数週間、Dv2-シリーズ Virtual Machines は、更なるAzureリージョンで利用可能となりました。新しく利用できるようになったリージョンには、オーストラリア東部、オーストラリア南東部、北ヨーロッパ、西ヨーロッパ、米国東部、米国中南部、東南アジア、東日本、東アジアが含まれます。

(オリジナルのD-シリーズに続く)Dv2-シリーズ Virtual Machinesは、メモリとハードディスクの構成は似ていますが、より強力なCPUを搭載しています。最新世代の2.4 GHz Intel Xeon E5-2673 v3 (Haswell) プロセッサをベースとしたDv2 Virtual Machines は、多くのプロセッサパワーと高速なローカルディスクI/Oを必要とするワークロードに最適な構成を提供します。

一般提供開始:App Service Mobile Apps

2015年12月17日 [General availability: Azure App Service Mobile Apps] 粗訳

Azure App Service の Mobile Appsの機能が、99.95 % SLA で、すべてサポートされるようになりました。既存の Node.js および.NET Mobile Service から App Service Mobile Apps への移行や、新しいMobile Apps .NET SDK を含む、App Service Mobile を使った新規アプリケーション構築をお試しください。新しい Mobile Apps Node.js SDKについては、現時点ではプレビューとなります。追加情報については、Mobile Apps ウェブページをご覧ください。